バイアグラの情報を調べる男性
2018年03月27日更新

バイアグラジェネリックで経済的にED治療!

バイアグラは世界で最初に開発されたED治療薬で信頼性が高く、即効性があるため世界中に愛用者が存在します。
有効成分であるシルデナフィルには血管を拡張する効果があり、ペニスへの血流を増やすことで勃起を促します。
先発医薬品であるバイアグラには25mgと50mg、100mgの錠剤があります。
ただし日本国内では100mgの錠剤が承認されていないため、病院で処方してもらうことはできません。
個人輸入代行サイトを利用すれば100mgも購入できます。

バイアグラは非常に人気のあるED治療薬なので、カマグラのようなジェネリック医薬品も多数存在します。
病院でバイアグラの処方を受ける場合は25mgが1錠あたり1300円ほどで、50mgは1500円ほどとされます。
日本国内では50mgのジェネリック医薬品も製造されており、価格は1錠あたり1000円ほどです。
バイアグラを個人輸入する場合は50mgが1錠あたり1400円弱、100mgは1500円弱で購入できます。
個人輸入代行サイトでは、まとめ買いすることでさらに価格が安くなります。

バイアグラを病院で処方してもらう場合には、薬の代金の他に診察料や処方せん料なども必要です。
カマグラのようなジェネリック医薬品を個人輸入すると、大幅にコストを下げることができます。
先発医薬品であるバイアグラとカマグラなどジェネリック医薬品には、同じ成分が含まれており同様の効果を期待できます。
ジェネリック医薬品を製造しているのは、主にインドの製薬会社です。
インドの製薬会社はインド政府から正式に承認を受けて活動しており、安全性も優れています。

カマグラもインドの製薬会社が製造しているバイアグラのジェネリック医薬品です。
錠剤タイプの他にチュアブルタイプや発泡錠タイプ、ゼリータイプが存在します。
チュアブルタイプやゼリータイプは味がついてるので服用しやすいのが特徴です。
発泡錠タイプは水に溶かして服用します。錠剤タイプは水かぬるま湯で服用しますが、チュアブルタイプやゼリータイプであれば水がなくても服用できます。
錠剤タイプは適量のアルコールで服用するのも有効です。

カマグラはバイアグラと同じ成分が含まれており、血管を拡張して血流を増やしペニスの勃起を促します。
価格は錠剤タイプの場合、50mgも100mgも500円弱とされています。
バイアグラと比較して3分の1ほどの価格で購入可能です。
カマグラを活用することで、バイアグラよりも費用を抑えてEDを治療できます。

バイアグラとカマグラを使用し続けた場合の費用の差

バイアグラとカマグラには同じ有効成分のシルデナフィルが含まれています。
シルデナフィルは即効性が大きな特徴です。空腹時に服用すると30分ほどで効果が現れます。
効果の持続時間は用量に関わらず5時間ほどとされています。
シルデナフィルは血管を拡張する効果があるので、服用すると血圧が低下し副作用としてめまいが生じる場合があります。
また顔のほてりや目の充血、頭痛、動悸、鼻詰まりなどの副作用も存在します。

服用するとめまいなどの副作用が現れる可能性があるのは、バイアグラもカマグラも同様です。
副作用はバイアグラやカマグラを服用した人の9割以上に現れます。
ただしシルデナフィルを服用して発症する副作用は、基本的に軽微なので問題ありません。
バイアグラとカマグラを比較すると効果や副作用は同様ですが、使用を継続した場合の費用に差が生じます。
病院で医師の指導を受ければ安全にED治療を行なうことができます。
一方費用を抑えたい場合にはカマグラなどを個人輸入する方が合理的です。

カマグラには錠剤タイプの他にもチュアブルタイプや発泡錠タイプ、ゼリータイプがあります。
また海外からカマグラを個人輸入する場合には、日本国内で流通していない100mgのものも購入できます。
100mgの錠剤タイプは1錠あたり500円弱で購入できます。用量が多い場合にはピルカッターで小さく割ることも可能です。
半分に割れば1錠あたり250円ほど、4分の1に割れば125円ほどになります。
病院で25mgや50mgのバイアグラを処方してもらう場合と比較して、大幅に費用を抑えることができます。

バイアグラやカマグラに含まれる有効成分のシルデナフィルには、軽微な副作用が存在します。
基本的に問題なく服用できますが塩酸アミオダロン製剤や硝酸剤、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬を使用している場合には注意が必要です。
これらの医薬品をシルデナフィルと一緒に使用すると、過度に血圧を低下させる可能性が存在します。
他の病気を治療するために何らかの医薬品を使用している場合は、医師の相談を受ける必要があります。

心筋梗塞や狭心症などの既往歴が6か月以内にある場合や低血圧・高血圧で適切な治療が行われていない場合も、シルデナフィルを服用できません。
心臓などの健康状態に不安がある場合も、病院で医師に指導を受けて治療を行なう方が賢明です。
特に健康上の問題がない場合には、カマグラのようなジェネリック医薬品を個人輸入すると費用を大幅に抑えることができます。

関連記事