バイアグラの情報を調べる男性
2018年02月25日更新

バイアグラの間違えがちな服用方法とは?

食後すぐに服用するというのは、間違いがちなバイアグラの服用方法です。
確かにED治療薬には食事内容によって効果に影響がないものも存在します。
しかしバイアグラは食後すぐに服用すると効果が半減する可能性があります。
バイアグラは食前に服用するのが通常ですが、効果の持続時間内は食事を避けた方が賢明です。
食後に服用する場合には基本的に2時間ほど間隔を空けます。多量の食事を摂取した場合には消化するまでさらに多くの時間が必要です。

バイアグラは食前の空腹状態で服用すると最も効果が高まります。
水かぬるま湯で空腹時に服用した場合、30分ほどで効果が現れます。
血中濃度は40分から50分ほどで最大となるため、性行為の1時間前に服用するのが理想的です。
バイアグラの有効成分であるシルデナフィルが円滑に作用するためには、血液に吸収される必要があります。
食後にバイアグラを服用するのは有効成分の吸収を阻害するため間違いです。一般的には食前の服用が望ましいとされます。

中華料理やファーストフードなど脂肪分の多い食事を多量に摂取した場合、食後2時間を経過しても胃や腸に脂肪分が残っています。
胃や腸に付着した脂肪分が有効成分を取り込むため、体内に吸収されることなく便として排出されます。
食後にバイアグラを服用する場合には、基本的に2時間ほど待ちます。
脂肪分の多い食事を多量に摂取した場合には、6時間から7時間ほど間隔を空けるのが正しい服用方法とされます。
服用前に食事を摂る場合には、脂肪分など食事内容に注意が必要です。

食後にバイアグラを服用する場合には、脂肪分の少ないものを選び量も腹6分目から7分目ほどに抑えます。
一定の間隔を空けて食事が消化されれば、十分な効果を期待できるようになります。
ただしグレープフルーツなどフラノクマリン酸を含む食品を摂取した場合には、1日以上の間隔を空けます。
バイアグラを服用すると軽微なめまいなどが起こることがあります。
基本的に問題はありませんが、フラノクマリン酸を含む食品を摂取すると症状が強くなるので一緒に摂取できません。

正規に製造されているバイアグラには25mgと50mg、100mgの錠剤が存在します。
100mgは強い効果を期待できますが、日本では未承認なため流通していません。
海外から個人輸入するのであれば、100mgの錠剤を入手することもできます。
一方25mgや50mgにも短時間でペニスを勃起させる十分な効果があります。

バイアグラは必要以上に服用しても意味がない

バイアグラには25mgと50mg、100mgの錠剤が存在します。
1日に1錠服用し、次回の服用まで24時間以上の間隔を空けるのが正しい服用方法です。
効果は用量に関わらず5時間ほど持続します。確かに用量が多くなるほど効果は強くなりますが、用量の増加に比例して強くなるわけではありません。
バイアグラの効果には個人差があります。
また1日に摂取できる用量は100mgまでとされています。日本国内では基本的に50mgまでが1日の上限とされます。

日本人はヨーロッパやアメリカなどの人々と比較して体格が小柄なため、25mgや50mgの錠剤でも十分な効果を期待できます。
100mgの錠剤を個人輸入すればさらに強い効果を期待できますが、めまいなどの症状も強くなる可能性があります。
バイアグラは最も小さな25mgから試して、徐々に用量を増やすのが正しい服用方法とされます。
必要以上に多量のバイアグラを摂取すると、体への負担が大きくなる可能性が存在します。
安全にED治療を行なうならば、医師の指導を受けて適切な用量を守ることが重要です。

正しい服用方法を守ってバイアグラを使用しても効果が弱いと感じる場合には、他のED治療薬に切り替えることも考えられます。
バイアグラには即効性があり、短時間で勃起不全を改善する強い作用があります。
基本的には25mgや50mgの錠剤でも十分ペニスを勃起させることが可能です。
バイアグラには血管を拡張する作用があり、血圧が下がって全身の血流が促進されます。
軽微なめまいや頭痛などが現れることもありますが、原則として体に大きな負担をかけることはありません。

必要以上の用量を服用したり、併用が禁止される医薬品を使用した場合には体への負担が重くなるので注意が必要です。
また心臓や脳、肝臓、腎臓などに障害がある場合も服用できません。
バイアグラとの併用が禁止される医薬品は塩酸アミオダロン製剤と硝酸剤、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬です。
これらの医薬品を併用すると、血圧が過度に低下する可能性があるので注意が必要となります。
健康上の不安がある場合には医師に相談するのが合理的です。

バイアグラには国内で流通している25mgと50mgの錠剤の他に、海外で販売されている100mgの錠剤が存在します。
最初は用量の少ない25mgの錠剤から試すのが合理的です。25mgや50mgの錠剤でも十分な効果があります。
自分の体質に合った用量を見つけることが重要です。

関連記事